安岡重機
大切な地球に貢献したい企業です・・・

中間処理施設概要 排ガス処理施設・がれき類破砕機・木くず破砕機
排ガス処理施設 がれき類破砕機 木くず破砕機
建設リサイクル法 建設リサイクル法を促進するためには、様々な施策を総合的に推進することが重要となり、この内、建築解体廃棄物を中心とした義務、規制等について、新たな法律を制定しました。    詳細はこちら
コンテナ交換 普通コンテナ・重量コンテナ各種規格  詳細はこちら
中間・最終処分施設案内図 中間・最終処分施設までの案内図    詳細はこちら
    
 適正処理をするために
排出事業者責任

 法3条、「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。」と定めており、違反した処理を行った場合には罰金や懲役を含む罰則が課されます。
「適正な処理」とは、廃棄物処理法に則った処理を行わなければならないというものです。排出事業者が産業廃棄物処理を委託した先の処理業者が行う処理も含むのです。つまり、違反した処理を行った場合、罰則が適用されるのは、その産業廃棄物処理業者だけではなく、そこに処理を委託した排出事業者にも適用されるというものです。

産業廃棄物の処理を委託する場合、あらかじめ「委託契約書」が必要です 
排出事業者は産業廃棄物の収集運搬及び処分を委託する場合には、運搬業者処分業者のそれぞれと書面による契約を結ぶ必要があります。また、契約書は契約を終了した日から5年間保存しなければなりません。
マニュフェストとは
マニフェストシステムとは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に、産業廃棄物管理票(マニフェスト)に、産業廃棄物の名称、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、産業廃棄物の流れを自ら把握・管理する仕組みです。こうした事により、産業廃棄物が処理されたことを最後まで間単にチェックすることができます。マニフェストシステムを利用することにより、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防止することができます。
マニフェスト使用上の注意
マニフェストを使用する上で、下記の事項を守ることが必要です。これらは廃棄物処理法により定められています。
産業廃棄物の種類ごと、行き先(処分事業場)ごとに交付する。
産業廃棄物を処理業者に引き渡す際に交付する。
排出事業者のマニフェスト交付担当者が、産業廃棄物の種類、数量、処理業者の名称等を正確に記載した上で交付する。
処理業者からの写しの送付があるまで、マニフェストの控えを保存する。
産業廃棄物の流れ
産業廃棄物の排出
収集・運搬(排出場所から処理施設へ運ぶ)


再生利用
(リサイクル)
中間処理
最終処分
(生活環境や自然を損なわないように自然界に戻す)

大切な地球に貢献したい企業です。

アイドリング・ストップ

当社では、大気汚染や地球温暖化防止のため、駐停車中はアイドリングストップを呼びかけています。

アイドリング・ストップ

廃棄物として持ち込まれる樹木を可能な限り、敷地内に植え替える作業を開業以来続けています。